トップページ

太陽光発電が発明されて約50年、家庭用に使われるようになって約20年が経ちますが、今ほど注目が集まっていることはないのではないでしょうか。環境にやさしく、太陽光という枯渇する心配のないエネルギー源を持つ太陽光発電は、まさに理想的な発電システムです。設置に関しても、以前は非常に高価で大きなシステムが必要だったものが、軽量化が進み、普及していくにつれて設置費用も徐々に下がりつつあります。また、オール電化の住宅が増えたことも、太陽光発電が普及する要因の一つだといえるかもしれません。太陽光発電を設置することによって、電気代が大幅に節約できるなど、メリットの多い太陽光発電はますます多くの家庭で使われるようになるでしょう。省エネが必要だといわれてずいぶん経ちますが、実際には家庭で使われる電気の量は増える一方。電化製品が多様化した現在は仕方がないのかもしれませんが、いざ省エネといっても自分の心がけで減らせる電気の使用量は、ほんの数%〜十数%程度ではないでしょうか。どんなに頑張っても半分も減らすことはかなり困難ですよね。その点、太陽光発電を使えば簡単に電気代を大幅ダウンすることが可能です。なにしろ、お天気の日の昼間はほとんど電気代が必要ない上に、余った電気を買い取ってもらえるのですから。とはいえ、実際につけるとなると大変そうだとか、多額の設置費用をかけて設置するのなら結局損をしないかなど、心配する声を聴くことも少なくありません。興味はあっても、実際に設置にどれくらいの費用が必要なのか、どの程度電気代がやすくなるのか、自分の家の屋根は取り付け可能なのかなど、わからないことも多いですよね。確かに多額の初期投資が必要な太陽光発電ですから、十分調べて、納得してからつけるようにするべきです。一口に太陽光発電といっても、メーカーや業者によって設置費用もかなり異なりますし、長い目でみると発電効率によって電気代にもずいぶん違いがでてきます。自分の家に設置した場合、どの太陽光発電をつけたら今後どの程度の発電量が見込めるのかなどをしっかりシュミレーションするのが、太陽光発電成功の第一歩だといえるでしょう。