トップページ太陽光発電のメーカー比較

太陽光発電のメーカー比較

太陽光発電を導入するにあたって、大切なのがどのメーカーのシステムを採用するかです。もちろん太陽の光から電気を作り出すという結果は同じなのですが、メーカーによって電気を作り出す仕組みが微妙に違ったり、発電効率や設置費用なども違ってきます。また、形状に特徴がある場合もあるので、屋根の形にあったメーカーを選ぶことも大切です。それぞれのメーカーにはどのような特徴があって、自宅に最も適しているのはどのメーカーの太陽光発電なのかをよく調べてから導入することが大切です。現在、日本で最も普及している太陽光発電のメーカーは、シャープ・京セラ・サンヨー・三菱の4社です。この4社が太陽光発電の大手メーカーとして家庭用太陽光発電業界を牽引してきました。現在では太陽光発電を作っているメーカーは、国内に数十社といわれており、メーカー選びも迷うところです。それぞれのメーカーが独自のメリットをもっているので、比較しながら検討するようにしましょう。たとえば、太陽光を受け取って発電する太陽光発電モジュールは当然どのメーカーでも屋根の上ですが、作られた電気を集めるパワーコンディションーを設置するのは屋内が一般的です。ただし、大手4社のうちでシャープだけは屋外に設置可能で、屋内工事が不要だったり、置き場所を考えなくてもよいというメリットがあります。また、屋根の形状に対して多様な置き方が可能なのは、京セラです。屋根の形に添うようにスッキリ設置することができるので、外観を気にする人には適しているといえるでしょう。また、サンヨーは独自の技術によって発電効率の優れた太陽電池を使っているので、せっかく設置するのなら発電効率のよいシステムがよいという人にはサンヨーがおすすめ。また、三菱は小さな屋根でも設置が可能というメリットがあるので、日本の住宅にはあっているのかもしれません。このように、それぞれのメーカーが特色を持った太陽光電池を作っているので、一概にどのメーカーが良いということはありません。もちろん、それ以外のメーカーもシェアを伸ばしつつあり、新規参入ながら発電効率と軽量化の進んだ太陽光電池で人気の東芝や、欧米を中心に世界的に高い人気を誇るカナディアンソーラーなど、数々のメーカーがしのぎを削っています。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る