トップページ太陽光発電のメーカー比較京セラの太陽光発電

京セラの太陽光発電

京セラは、日本で最初に家庭用の太陽光発電を販売した、業界でも最古参の企業です。世界で初めて多結晶シリコン太陽電池の量産化を行うことによってそれまで家庭用としてはコストの面でも厳しいとされていた太陽光発電を、家庭用に量産することが可能になりました。当初は一般家庭には高価なものでしたが、それでも太陽光という自然の資源を使って自宅で発電するというのは画期的なことです。それ以降、現在に至るまで、家庭用太陽光発電の分野では常にトップクラスのシェアを争い、トヨタのプリウスに採用されるなど、高い品質が多方面から評価されています。学校やショッピングセンターなどでも京セラの太陽光発電を導入しているところは少なくありません。また、京セラの太陽光発電の人気の理由の一つが、その外観の美しさです。家全体を見たときに違和感を感じることなく、屋根をスマートに彩るのが京セラの太陽光発電。たとえば、パネルを小さめにして形にもバリエーションを持たせることで、小さな屋根や不規則な形の屋根にでも無理なくセットすることが可能です。また、屋根材としても使えるソーラーパネルにすれば、屋根の一部としてなじみやすくなるうえ、屋根材のコストダウンや、重さ対策としても有効です。統一感のある美しい外観は、見た目も重要と考える人に広く愛されています。それ以外にも京セラの太陽光発電は、優れた耐久性が認められています。屋外に設置する必要があるうえ、長く使えば使うほど電気代や売電代金で得をする太陽光発電は、耐久性もとても重要なポイントです。たとえば、1984年建設の京セラ佐倉ソーラーセンターの太陽電池は設置から四半世紀を過ぎた今でも問題なく発電を続けており、太陽電池業界ではじめて「長期太陽試験」に合格したことで、耐久性の高さを証明しました。現在ではほとんどのメーカーが採用している10年保証も、京セラが業界では初めて採用した制度で、丈夫なソーラーパネルと、安心のアフターフォローが京セラのメリット。外観、耐久性、発電効率などをバランスよく採用したシステムで、現在でも人気の太陽光発電だといえるでしょう。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る