トップページ太陽光発電のメーカー比較三菱電機の太陽光発電

三菱電機の太陽光発電

三菱電機も太陽光発電の技術に関しては定評のあるメーカーの一つです。家庭用だけではなく、人工衛星や公共施設にも使われるなど、産業用の太陽光発電としても幅広い導入実績があります。また、太陽電池そのものの研究も盛んに行っており、新エネルギー・産業技術総合開発機構、通称NEDOからの委託研究を行ったり、次世代エネルギー開発の一環として電力会社との共同開発を進めるなど、太陽電池の実用化と発展、普及に対して幅広く貢献しているメーカーだといえるでしょう。そんな三菱電機の家庭用太陽光発電の特徴は、優れたパワーコンディショナーによる無駄のない電気の使用です。どんなに多くの電気を作る太陽光パネルがあっても、実際に電気を家庭用に変換するパワーコンディショナーが制御できなけば意味がありません。三菱電機は、太陽光パネルの発電力を強化するだけではなく、それが生み出した直流電流を高い交換率で交流電流に変換する技術に優れています。昔からこのパワコンに搭載されているインバータ技術に関しては三菱電機の最も得意とする分野なのです。太陽光パネルとパワコン、この二つの技術を備えてこそ、太陽光発電が最も活用できる状態だといえるでしょう。また、太陽光パネルについても三菱電機は独自の開発を行い、日本の屋根に最も適した太陽光パネルを作り出しました。小さな屋根でもパネルの組み合わせでできるだけ多くの電気が発電できるようにしたり、勾配の低い屋ででも無理なく使えるパネルなど、柔軟性に富んだ太陽光パネルの選択が可能です。また、耐久性の向上にも力を入れており、塩害地域での長期使用を可能にするメッキ加工を施したり、表面の汚れを雨で洗い流しやすくするなど、細かいところまで手を尽くした製品は秀逸です。アフターサービスについては、基本的な故障に関する10年保証はもちろん、有償の10年保証、20年保証などのプランを設けることで、長くサポートする体制が整っています。長く使えば使うほど得になる太陽光発電ですから、長期のサポートが受けられるのはうれしいですね。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る