トップページ太陽光発電のメーカー比較パナソニックの太陽光発電

パナソニックの太陽光発電

パナソニックの太陽光発電は、発電効率のよいHIT太陽電池と、154シリーズの2種類に大きく分けられます。HIT太陽電池はパナソニックグループのサンヨーが開発した世界でも最高水準の発電力をもつ太陽電池で、少ない面積でも十分な電力を発電できることで人気を集めています。単結晶シリコンに、アルファモスシリコン層をプラスしたハイブリッド構造によって、発電効率を大幅にアップしたのがHITシリーズの。太陽電池は発電力によってその後の電気代や売電料金が違ってくるので、長い目で見るとお得な製品だといえるでしょう。154シリーズは、発電力こそHIT電池に劣りますが、一つ一つのパネルを小さくすることで、複雑な屋根の形に対応できるタイプの太陽電池です。太陽電池の価格自体も比較的低く設定されているので、屋根の形に合わせてたくさんの太陽電池を置くことができ、十分な電力を確保します。また、パナソニックは太陽光発電装置と、リチウムイオン蓄電池を連携させることで、発電した電力を蓄電池に充電して夜間にも使用したり、昼間は太陽光発電の余剰電力は売電して夜間の電気代が安い時に蓄電したりといったさまざまなモードで使用できる創蓄連携システムを搭載したパワーステーションを発売。よりお得で安定した電力使用を可能にしました。蓄電システムを利用することで、夜間の停電時でも安心して電気を使用することができたり、停電時のコンセントの差し替えが必要ないのもこのシステムのメリットです。さらにパナソニックでは現在の発電量や使用電力の量が一目でわかるモニターを採用しているため、常に省エネへの意識を保つことができます。省エネの大切さはわかっていても、気を抜くとついつい電気を消し忘れたりするものですよね。このモニターを目にすることで、省エネ習慣が徐々に身に付くといわれています。また、小さなお子様でもわかりやすいモニターを使えば、子供のころから自然に省エネの意識が身に付くため、教育の面でも役立ちます。パナソニックの太陽光発電を使うことで、家族でエコな暮らしができるのはいいですね。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る