トップページ太陽光発電にかかる費用

太陽光発電にかかる費用

太陽光発電に興味はあるけど、費用が高そうだからと二の足を踏んでいる人も多いと思います。個人宅に太陽光発電を設置する場合、設置費用は家主が負担するため、ある程度の初期投資が必要です。実際どの程度の費用がかかるのかは、設置する太陽光発電の規模によって異なるので一概には言えませんが、大まかな相場を知っておけば、見積もりなどを見るときの参考になります。太陽光発電の設置費用の目安は1kWあたり60万円程度で、これは国の補助金の支給条件が1kWあたり60万円以下のシステムに限ると定められているためです。住宅用として設置されている太陽光発電の平均容量は3.96kW。1kWの太陽光発電で、年間1,000kWの電気を発電することができるため、3.96kWの太陽光発電システムで、平均的な一般家庭で1年間に消費する3,600kWをまかなうことができます。家庭用としては十分な用量だといえるでしょう。この3.96kWの太陽光発電を1kWあたり60万円で設置したとすると、238万円。逆に言えば、この大きさの太陽光発電で238万円を超えると助成金がもらえなくなるので、見積もりをチェックするときには注意しましょう。また、太陽光発電の費用は、どのメーカーのシステムを使うかでも違ってきます。一見、安いシステムのほうを採用したくなりますが、発電効率もメーカーで微妙に異なります。また、太陽光発電システムの耐久性も大切で当然長く使えるシステムのほうが得だということになります。導入費用で十数万の違いがあっても、発電量が多かったり、耐久性に優れたシステムのほうが長い目で見るとお得になることもあるのです。導入費用だけではなく、実際に設置した場合に年間どれくらいの発電が可能なのか、現在の光熱費と差し引きどの程度の光熱費削減になるのかなど、綿密に計算するのが大切。また、屋根の形状によっても設置費用や発電効率が違ってくるので、注意が必要です。初期費用と、発電効率のバランスを考えて、最も最適だと思われる太陽光発電を設置するようにしましょう。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る