トップページローンを組んで太陽光発電導入も可能?

ローンを組んで太陽光発電導入も可能?

助成金が貰えるとはいえ、やはり200万円前後の初期投資が必要な太陽光発電は、導入が難しいという人もいるでしょう。長い目で見ると得をしそうなのに、今手持ちのお金がないから導入できないというのは残念ですよね。そんな人には、ソーラーローンがおすすめです。ソーラーローンとは、太陽光発電システムの設置や、それに伴うリフォームのためのお金を借りることができるローンのこと。銀行や各種金融機関がそれぞれ独自の審査や金利で行っています。ソーラーローンは、使う目的が限定されているかわりに、金利が比較的安いのがメリットで、審査もそれほど厳しくありません。金利は一般的には変動金利なので多少の変動はありますが、それでもその時点での金利相場からすると、かなり低めには設定されています。しかも、太陽光発電を設置して、発電するようになると、電気代が安くなって、オール電化などにした場合にはガス代が不要になるなどの効果で、光熱費全体が大幅に下がることが見込めます。さらに、昼間余った電力を電力会社に買い取ってもらえるため、「設置前との光熱費の差額」+「売電料金」でローンはほぼ支払えるといった人がほとんどです。もちろんローンが終れば、その金額が毎月の収入となるのも嬉しいですね。実際にはローンを払っている間は、ある程度返済に回す必要があるので、太陽光発電の金銭的なメリットは少ないかもしれません。それでも環境に優しいエコな発電方法で自ら電気を生み出し、停電の心配のない生活ができるのは大きなメリットではないでしょうか。ソーラーローンは、節電が必要とされている現在、少しでも太陽光発電の普及を後押しするために生み出された制度です。金利や借入条件は金融機関によって異なるので、よく調べてから借りる必要はありますが、金融機関や太陽光発電を設置する業者に相談すれば、金利や借入期間などに合わせて詳細なシュミレーションをしてくれるので、それを参考にするのがいいでしょう。最近は、インターネットでも簡単に金利のシュミレーションができるサイトなどもありますので、気になる人はとりあえず計算してみるのもいいですね。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る