トップページ太陽光発電の問題点

太陽光発電の問題点

太陽の光からクリーンなエネルギーを作り出す太陽光発電は、まさに夢のような発電方法です。もっと普及してもいいように思われますが、そこにはやはり問題点やデメリットも存在します。太陽光発電の普及を妨げている問題点は、いったいどのようなことなのでしょうか。
まずは導入コストの高さがあげられます。設置後は電気代の削減や売電収入が見込めるとはいえ、設置するのにまず200万円前後の費用が必要になるため、気軽につけるというわけにはいきませんよね。実際に毎月2万円光熱費が浮いたとしても、設置した費用を回収するだけで15年から20年もの年月がかかる計算になります。利益が期待できるのはそのあとですから、かなり先の話になりますし、それまでに故障してしまう心配もあります。また、設置してみたけどシュミレーション通りに発電しないという声もよく耳にします。シュミレーションはあくまでシュミレーションですので、実際の発電量とは異なります。高い費用をかけて実際に設置してみないと正確な発電量がわからないというのも、設置に踏み切れない不安要素としてあげられるでしょう。実際には太陽光発電は設置費用が高額になるため、光熱費削減だけを目的にしていてはメリットが小さいように思われます。「設置費用はその後の光熱費で回収できる」というくらいの気持ちで、エコに貢献する、省エネ習慣を身に付けるなどのメリットも感じられる人にはおすすめです。 さらに、設置した太陽光発電は永久に使えるものではありません。屋根の上に設置する太陽光モジュールは半永久的に使えるといわれることもあり、20年保証なども珍しくありませんが、そこから電気を集めて交流に変換するパワーコンディショナーなどは多くのメーカーが10年保証です。つまり、確かに屋根の上で発電はできるかもしれませんが、パワコンは10年程度で壊れてしまう可能性があるということ。このパワコンも数十万円するものですから、交換となるとかなりの出費になります。
また、太陽光発電の問題点としては、業者への不安がある人が多いようです。太陽光発電は、メーカーから直接購入するのではなく、業者を通して設置が進められます。設置費用やアフターサービスも業者によって変動が大きく、消費者としては業者選びから注意して行わなければいけない現状です。悪徳業者がいるということもあって、業者選びには慎重にならざるをえませんし、業者選びを失敗するというリスクが面倒で太陽光発電を敬遠している人もいるくらいです。また、太陽光発電の普及に伴って、施工技術が追い付かない業者がいるのも事実。太陽光発電は屋根の上に大きな太陽光パネルを設置して、さらに多くの配線が必要となる工事です。パネルはきちんと設置しないと、落下や雨漏りの危険がありますし、配線に不備があると電気を使うことができません。このような業者を避けるためにも、最初の業者選びが大切になるのです。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る