トップページ太陽光発電の将来

太陽光発電の将来

太陽光発電の将来はどのようになるのでしょうか。環境保護や、エネルギー資源の問題から、太陽光発電などの自然を活用したクリーンなエネルギーには、ますます注目が集まることが予想されます。風力や水力などに比べても、太陽光は日本のどこにでも設置できるというメリットがありますし、もっと普及できる余地もたくさんあります。今後、太陽光発電はますます普及することが予想されるのです。 太陽光発電の普及に大きく関係するのが、導入費用の値下がりです。実際、導入費用は年々低くなりつつあり、普及が進めばますます安くなることが期待できます。実際、2000年には1kwあたり80万円を超えていた導入費用が、現在は60万円以下でないと補助金がもらえないこともあって、ほとんどの業者から60万円以下で設置することができます。もちろんこれは1kwあたりの価格なのでシステムの規模によって価格は変わってきますが、価格の変遷をみるのには十分ですよね。
太陽光発電が普及するにつれて、価格競争も行われてますます設置費用は安くなることが考えられるので、これから太陽光発電の設置を考えているのならば、どれくらいに下がるかを見極めることが大切になります。
しかし、忘れていはいけないのは、太陽光発電設置によってもらえる補助金の制度です。この補助金はもともと太陽光発電の普及の推進のために設置されていたものですから、普及が進んで費用が安くなるにつれて、徐々に支給額が低くなっているのです。「今なら補助金がいくらもらえます」というのは業者の常套句で、設置費用の下降から考えれば鵜呑みにする必要はありませんが、たしかに年度ごとに補助金は低くなっているためタイミングを計ることは大切。また、余剰電力の買い取り価格も少しずつ安くなっています。余剰電力の買い取り価格は年々下がっていますが、契約時にその後の10年の買い取り価格が固定されるのが一般的ですので、契約するタイミングがとても重要になってくるのです。
将来的に太陽光発電の設置を考えているのなら、設置費用は徐々に安くなることが期待できるけれども、あまり待っていると補助金がもらえなくなったり、余剰電力の売電収入が安くなってしまいます。特に売電収入に関しては長期にわたるものですので、計算するとかなりの金額になることもあるのです。そのあたりもシュミレーションしながら、導入のタイミングを計ることが必要になります。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る