トップページ太陽光発電とは

太陽光発電とは

太陽光発電とは、太陽電池に日光を当てることで発電する発電システムのことです。ビルの屋上や壁面、住宅の屋根などに設置することで、二酸化炭素や有害な成分を発生させることなく電気を作ることができます。現在日本では、石油や石炭、天然ガスなどを使った火力発電が全体の60%以上を占めているため、二酸化炭素の発生が問題となっています。さらに、発電するために使われる石油などの資源を輸入に頼っていることから、原油価格などの上下でコストが変動するなど、安定した発電に不安がもたれていました。それに対して、例えばスペインなどは、自然の力を利用した再生可能エネルギーによる発電が積極的に進められています。風力発電が全体の21%、その他、太陽光発電や水力発電などを含めると全体の48%を再生可能エネルギーが占めてるのです。風力発電などは、適した立地であることが必要なのですぐに真似できるものではありませんが、太陽光発電は太陽の光さえ届けば比較的場所を選ばない発電方法です。これまで日本での再生可能エネルギーとしては、ダムを建設して行う水力発電が中心でしたが、現在は個人の住宅に太陽光発電を設置する際に政府が補助金を出すなど、太陽光発電に対する国としての支援も進めており、徐々に太陽光発電を設置する住宅が多くなっています。また、メーカー各社の技術革新も進んで発電効率が高まるにつれて、個人で費用を負担して設置しても長い目で見たらお得だと考える人が多くなったのも事実です。もちろん電気代の節約など現実的に利益になることも多いのですが、環境に優しくコストもかからない太陽光で発電を行うことで、環境保全やエコに貢献している実感が得られるのも太陽光発電設置のメリットだといえます。省エネやエコなどに対する個人の関心が高まりつつあることも、太陽光発電が増えている要因のひとつだといえるでしょう。

 

太陽光発電で省エネ生活Topに戻る